槙野智章、浦和レッズから5日に契約満了通達…!涙の会見「毎日泣いてる」

槙野 智章(まきの ともあき、1987年5月11日 – )は、広島県広島市西区出身 のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッズ所属。ポジションはディフェンダー。元日本代表。妻は女優の高梨臨。 サッカーファンで実際にサッカーをやっていた父 と、既にサッカーを始めていた2人の兄の影響で小学1年生からサッ
46キロバイト (3,960 語) – 2021年11月16日 (火) 12:39
来期以降は…

1 Egg ★ :2021/11/17(水) 17:57:11.14

今季限りで浦和を退団することを発表した元日本代表DF槙野智章が17日、オンラインで記者会見した。約70分間にわたり、涙ながらに思いを明かした。

 ―今の心境は

 「あまり整理はついてないです。11月5日に(契約満了の通達を)言われ、時間はたったけど、今になっても答えが導きだせてないし、整理がついてない」

 ―涙の理由は

 「通達された時は『まさか自分が…』という思いがあった。通達を受けてから毎日泣いてます。このクラブが好きだから。これまで長くレジェンドの方たちがいるし、僕はよそから来てたかが10年かもしれないけど、その10年はすごい濃かった。大好きなクラブでずっといたかった。このクラブで引退したかった」

 ―来季以降について

 「他のクラブで同じような情熱を持って、違うユニホームを着てプレーする想像はついてない。毎日どうしたらいいんだろうと思ってる状況。自分でもどうしていいか分からない」

 ―今季を終え、オファーの兼ね合いを見て決めるか

 「そうですね」

 ―将来、敵として埼玉スタジアムでプレーは

 「本音を言えば、試合したくないです。浦和相手に違うユニホームを着てプレーする姿は想像できない。それくらい難しい状況です」

 ―今季の残り試合、どんなプレーを見せたいか

 「昔と変わらず、ひたむきに熱いプレーを見せたい。今回のリリースを受けて、いろんな人がいろんな意味で注目してる。それをはね返すくらい元気なんだよと見せなきゃいけない。ゴール? お祭り男なので、盛り上げなきゃいけない。狙いますよ」

 ―以前、Jリーグの監督になりたいと話していた

 「次の目標は監督になって、帰ってきたいと思っている。今、新庄さんが野球界で盛り上げてくれている。『あの選手を見たい』と思ってスタジアムに来るサポーターは多いけど、サッカー界で『あの監督を見たい』と思ってもらえるような監督になって戻ってきたい」

スポーツ報知 11/17(水) 17:10
https://news.yahoo.co.jp/articles/f9453d9195e7ce36e39e0f321115fbd77ae62302

写真

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=454&exp=10800

タイトルとURLをコピーしました