【快挙】ダニエル太郎、元世界1位のマレー撃破!大金星で全豪OP初の3回戦進出!

ダニエル 太郎ダニエル たろう、1993年1月27日 – )は日本の男子プロテニス選手。アメリカ合衆国ニューヨーク出身。ATPツアーでシングルス1勝を挙げている。ランキング自己最高位はシングルス64位、ダブルス351位。身長190cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。エイブル所属。
24キロバイト (1,844 語) – 2022年1月20日 (木) 17:50
テンションあがる!!

1 Egg ★ :2022/01/20(木) 18:49:40.00

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク120位のダニエル太郎がワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク113位のA・マレーを6-4, 6-4, 6-4のストレートで破り、初の3回戦進出を果たした。

【ダニエル 太郎 3回戦 1ポイント速報】

2019年以来2年ぶり2度目の2回戦となったダニエルは第1セット、第3ゲームで強烈なバックハンドを披露しブレークに成功。16度のアンフォーストエラーを記録したマレーから第7ゲームでもブレークに成功し先行する。

第2セット、第3ゲームでブレークに成功したダニエル。5本のサービスエースを決めると1度もブレークを許さずにセットカウント2-0とリードを広げる。

第3セットでは第2ゲームでブレークを許したものの直後の第3ゲームでマレーのダブルフォルトもありブレークバックに成功したダニエル。その後はお互いにサービスキープが続くも第8ゲームでブレークに成功。2016年のデビスカップ以来となる2度目の対戦を制し、元世界1位のマレーから初勝利を挙げた。

勝利したダニエル太郎は3回戦で第11シードのJ・シナーか世界ランク104位のS・ジョンソンの勝者と対戦する。

同日には第5シードのA・ルブレフ、第15シードのR・バウティスタ=アグ、第20シードのT・フリッツ、第24シードのD・エヴァンス、第27シードのM・チリッチらが3回戦に駒を進めている。

1/20(木) 18:33
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6d1e7b510b3e28a7e1428c85601a7128bfd801a

タイトルとURLをコピーしました