香川真司の新天地は古巣のスペイン2部サラゴサ?チーム再建の救世主に!

香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 – )は、兵庫県神戸市垂水区出身のサッカー選手。無所属。元日本代表。ポジションは、MF。 幼稚園に通っていた頃からサッカーを始め、小学校1年生となった1995年から地元のマリノFC に所属した。その後、東舞子サッカークラブを経て、小学5年生の時には
103キロバイト (11,571 語) – 2021年12月30日 (木) 11:24

(出典 www.soccerdigestweb.com)
救世主なれるか?

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/30(木) 07:37:32.31

12/30(木) 5:15配信
東スポWeb

去就が注目される香川真司(東スポWeb)

 ギリシャ1部PAOKを退団して去就が注目を集めている元日本代表MF香川真司(32)に、古巣のスペイン2部サラゴサがオファーを出す可能性が出てきた。

 香川は今季構想外となり、双方合意のもとで12月に退団。香川は欧州でのプレーを優先的に希望する一方で、C大阪を始めとしたJリーグのクラブや米メジャーリーグサッカー(MLS)の複数クラブが獲得に関心を示している。

 そうした中、スペインの古巣からの電撃オファーが浮上してきた。アルゼンチンのサラゴサ専門サイト「Zaragoz」は「トレシラがテッサロニキのPAOKから香川がフリーになった後、代理人とコンタクトした」と報道。サラゴサで強化責任者を務めるミゲル・トレシラSD(スポーツダイレクター)が、香川の復帰に向けて動いている様子を指摘した。

 香川はスペインでのプレーを熱望し、2019年8月に加入。チームの中心として活躍するも昇格を逃し、翌シーズンは構想外となって20年10月に契約解除となった。

 ただ、退団した当時からサラゴサのチーム内外では香川を待望する声が上がっており、今でもその実力は高く評価されている。現在2部で14位と低迷するクラブ側がチーム再建の救世主として再び香川を迎える準備を整えているのだ。

 香川にとっても2部とはいえ再び憧れの地であるスペインでプレーするまたとないチャンス。環境面でも勝手知ったる古巣だけに、復活を期すには最適の地と言えるだろう。

 香川がスペインで再出発することになるのか大きな注目が集まる。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5c8fdcfe93fc58f1c19527010152504aaeebea9

タイトルとURLをコピーしました