水戸の新選手寮は広さ4畳余の個室が30室も! 「選手たちにはこの環境を生かして思う存分、サッカーに打ち込んでほしい」

スクリーンショット 2021-12-21 21.40.00

1: 2021/12/21(火) 18:39:34.02 _USER

サッカーJ2水戸ホーリーホック 建設中の新選手寮を公開

http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20211221/1070015448.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

若い選手たちの育成に力を入れているサッカーJ2の水戸ホーリーホックは、
水戸市に建設中の新たな選手寮を公開しました。

21日公開されたのは、プロ入りしたばかりの選手やユースに所属する選手たちのための選手寮です。
ホーリーホックを支援する人が水戸市内の土地の提供と寮の建設を申し出てくれたということで、
ホーリーホックは毎月、賃料を支払います。

寮は木造2階建てで、広さ4畳あまりの個室が30室あるほか、食堂やトレーニングルーム、
シャワールームなども備えられています。
食堂では、朝と晩、栄養バランスを重視した食事が提供される予定だということです。

また、ホーリーホックは、食堂のテーブルやいす、それにトレーニング機器などを購入する費用について、
今月23日までクラウドファンディングで支援を募っています。
目標は1000万円で、およそ半分が集まっているということです。

選手たちが寮に入るのは、来年の3月ごろを予定しているということです。
ホーリーホックの経営企画室の鈴木郁恵さんは「選手たちにはこの環境を生かして
思う存分、サッカーに打ち込んでほしい」と話していました。

12/21 17:56


タイトルとURLをコピーしました